子どもとおでかけ

2019年5月27日 (月)

チームラボボーダーレスお台場

トランプ大統領夫妻が来日、滞在中。
昨日メラニア夫人と安倍昭恵夫人が「チームラボ」が手がけるデジタルアート美術館を訪問と報じられました。

お二人が訪れたのはこちら
チームラボボーダーレスお台場」です。
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が正式名称だそうです(長い!)。
お台場の観覧車の足元にあります。

エントランスを入るとロッカーがあるので大きなお荷物はそこに預けましょう。

中は暗くて、坂になっていたり、階段があったり、網があるので運動靴をお勧めします。
床が鏡張りのところもあります。スカートじゃない方がよいですね。

お部屋からお部屋へ移動していきますが、地図も順序もないので、
「どっちに行こうか?」なんて迷いながら行くのも楽しいです。
ただし、見逃さないように要注意です。
「人々のための岩に憑依する滝」
Teamlab01
 ↑ 写真は滝っぽくないですが滝っぽい瞬間もあります。

「Light Sculpture」
Teamlab02

「呼応するランプの森」
Teamlab03
ランプの森は入るのに行列ができています。
入ったら3分間、あっという間に出されちゃいます。

「Black Waves」
Teamlab09
墨絵の世界に入り込んだような感じです。

 ↓ ここからは4階のお子様大喜びゾーンです。
「運動の森」エリア。
Teamlab04
Teamlab05 Teamlab06
お子様限定のボルダリング。

学ぶ!未来の遊園地では、お絵描き水族館も楽しめます。
Teamlab07 Teamlab08

最後に
「EN TEA HOUSE 幻花亭」で
お茶しながらのアート。
Teamlab10
カップの中にお花が咲きます。

 



2019年3月28日 (木)

あそびの森と冒険の森

アスレチックに行ってみたいというリクエストにこたえて、
野山北公園の中にある
あそびの森、冒険の森 へ行って来ました。

あそびの森エリアは
起伏にとんだ雑木林の中に25個の遊具があります。
遊具から遊具に移動するだけでも坂を登ったり下りたり。
良い運動になります。
Noyama01
Noyama05
Noyama02
Noyama03
Noyama04
Noyama06

冒険の森エリアは
高さ8m、一周60mの観察展望デッキがあります(写真はないです)。
Noyama07
Noyama08
Noyama09  

近くには 村山温泉「かたくりの湯」 という天然温泉施設があります。
武蔵村山市の公共施設なので、駐車場はこちらを利用できます。
アスレチックで汗をかいた後は温泉へGO!

2019年3月 3日 (日)

こんにゃくパーク

こんにゃくパークで手作り体験をしてきました。

Kon01

「手作りこんにゃくゼリーフルーツ体験コース」
大人(中学生以上)・・・ 800円
子供(小学生以上)・・・ 400円
所要時間:30分

事前予約が必要です。

お姉さんの説明を聞いて、体験開始。

まずは、ゼリーになる粉を溶かして
Kon02  

数種類のフルーツが用意されています。
Kon03  
フルーツをカップにたっぷりいれて、

フルーツを入れたカップに溶かしたゼリーのもとを入れて、
Kon04  

冷めるまで待ちます。
Kon06  

冷めたらふたをして完成!
Kon07  

冷めるまでの間、無料のバイキング。
体験した人は長い行列に並ばず優先的にバイキングを利用できます。
Kon09  

Kon08  


 

2019年2月18日 (月)

メッツァビレッジ


飯能にある  metsa  へ行ってきました。

ここは来月ムーミンビレッジができるところです。

こちらのエリアは既にオープンしてます。
北欧っぽい雑貨屋さんやカフェがありました。

Metsa01

Metsa02_2


日没から
「チームラボ 森と湖の光の祭」が開催されます。
ムーミンと一緒に・・・と思ったら 遅いです!
3月3日で終了です。

Metsa03

Metsa04

終わる前にGO!

2019年2月11日 (月)

味噌づくり@三富今昔村

一度やってみたかった味噌づくり体験。

埼玉県の三芳町にある三富今昔村
Miso01

まずはお味噌についてのお勉強。
Miso02

実際に作っていきます。
Miso04

Miso03

まずは、お塩とこうじを量りではかって混ぜ合わせます。

次にゆでた大豆をはかって
Miso05

ビニール袋に入れて、ひたすらつぶしていきます。
Miso06

混ぜ合わせたお塩とこうじにつぶした大豆を混ぜます。
Miso07
ここを丁寧にやるのが大事。
意外と大変。

みそ玉を作ってタッパーに空気が入らないように詰めていきます。
Miso08
泥だんごの要領でみそ玉を作ります。
子どもの方が得意かも?

ここでの作業はここまでです。
Miso09
家に帰ったら重石を載せて冷暗所に保管。
1か月後にかき混ぜます。

夏ぐらいには食べられるそうなので、あとはひたすら待つのみ。

味噌づくりの後はランチ。

併設のレストランは新鮮なお野菜たっぷりのメニューです。
Miso10

Miso11
旬野菜の健美洋プレート 1,500yen


あいにくこの日は寒くて森の中まで行きませんでしたが、
次回お天気の良い日にまた来てみたいな~。

大人はランチだけできても良さそう
 

2019年1月 6日 (日)

千の技術博

東京上野公園にある 国立科学博物館で開催中の
「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」

子どもより大人が夢中になってしまう展覧会です。

大人には 懐かしい!
子どもには「???」
なものがたくさん展示されています。

世代によって懐かしいと思うものが違うかも。

Sen01

Sen02

Sen03

Sen04


何を懐かしいと思うかは行ってみてからのお楽しみ。

2018年7月25日 (水)

子どもとおでかけ「沖縄」

「子どもとおでかけ」


夏休みということで、恒例 沖縄に行ってきました。
→2016年の様子
→2015年の様子


1日目。

今年も飛行機はスカイマーク。
Okinawa_01_01

台風のため乗るはずの飛行機が飛ばず、夕方の便に変更。
お腹ペコペコで那覇空港に到着です。

まずは沖縄そばで腹ごしらえ。
Okinawa_01_02

琉球温泉瀬長島ホテルにある「龍神の湯」へ。
Okinawa_01_03

既に真っ暗な時間になってしまい残念。
明るい時間の方がおススメ。きっと絶景です。


⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*


2日目。

渡嘉敷島行きの船が全便欠航。

ということで、
ちゅらうみ水族館」に行き先変更。

Okinawa_02_01

「ちゅらうみ水族館」目玉 ジンベイザメ。
Okinawa_02_02

カフェ「オーシャンブルー」では、水槽横の席でお食事することができます。
指定席になっていますので、入口で予約が必要です。
指定席じゃなくても雰囲気は十分楽しめます。
味は・・・。


【お得情報】
水族館の入場券は、コンビニで買うとちょっとお安くなります。


*****************************************

午後はアメリカンビレッジでお買物。
Okinawa_02_03 Okinawa_02_04
ブルーシールでアイスを食べたら、サンセットビーチへ。

Terme VILLA ちゅらーゆ
海にも出られて、プールで遊べて、温泉にも入れます。


夕飯は沖縄料理
Okinawa_02_05 Okinawa_02_06


⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

3日目は真栄田岬へ。

シュノーケリングで青の洞窟へ。

大混雑!!
Okinawa_03_01 Okinawa_03_02
でも、きれい。

Okinawa_03_03
お魚もいっぱいいます。


青の洞窟と反対側の海岸は人が少なくてゆったり。
遠浅だけど時々サンゴ礁があって深いところもあります。
水に顔をつけなくてもお魚がいるのがわかるくらい浅いところにもいっぱいいます。
Okinawa_03_04


⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

最終日。

Gala青い海へ。

恒例の塩作りと絵付け。
Okinawa_04_01 Okinawa_04_02

今年は大人は琉球ガラスに挑戦。
Okinawa_04_03 Okinawa_04_04

*****************************************

都屋漁港の海人食堂でランチ
Okinawa_04_05 Okinawa_04_06

*****************************************

瑞泉で工場見学。といってもビデオがメインです。
子どもにはお酒匂いがきついようです。鼻つまんでました。
Okinawa_04_07 Okinawa_04_08
色々試飲させてくれます。
   
*****************************************


おしゃれなお店がいっぱいありそうなウミカジテラス。
あまり時間がなかったのでハンモックに揺られながらお茶だけしてきました。
Okinawa_04_09 Okinawa_04_10

*****************************************

帰りの飛行機は今回も塗り絵を貸りました。
Okinawa_04_11

今年は残念ながら渡嘉敷島へは渡れませんでしたが、かわいいお魚たちにいっぱい会えました。

2018年4月 3日 (火)

子どもとおでかけ「人体―神秘への挑戦―」

上野の国立科学博物館で開催中の「人体―神秘への挑戦―」


Jintai01

Jintai02

各器官ごとに研究の歴史などが紹介されています。
今、自分が元気でいられるのも、研究者の努力のおかげだと感謝せずにはいられません。

みどころは、私的には、
モナリザで有名なダ・ヴィンチの解剖図です。
あくまでも私的にです。

子供には難しいかなと思いましたが、意外と小学生の親子連れが多かったです。
未来のお医者さんたち?

顕微鏡で見た細胞。
Jintai05

NHKスペシャル「人体」の番組で使用された模型なども展示されています。
Jintai04

上野動物園のパンダ。
見られない方はこちらの常設展にもパンダがいます。
Jintai06

併設のレストランからの眺め。
運良く、展示室が見える席に案内していただきました。
Jintai03

2018年1月 8日 (月)

子どもとおでかけ「DINO-A-LIVE(ディノアライブ)」

DINO-A-LIVEは、まるで生きているような恐竜を体験できる実物大恐竜ショーです。
ユニークな館長さんが貴重なコレクションである恐竜を紹介してくれます。

会場の手前に恐竜のパネルがあります。
Img_1056

ここがメインステージです。
Img_1057

館長さんが出てきていよいよ恐竜ショーの開幕です。
Img_1059

なんと撮影可
Img_1062

間近まで恐竜がやってきます。
Img_1081

開演の1時間前から入場できます。
席は全席自由席。
中央は赤いカーペットが敷かれています。
靴を脱いであがります。
後の方は椅子席が5列ぐらいあります。

開場前から並んでいますが、椅子席なら並ばなくても座れます。
中心に近い赤いカーペットの最前列が人気エリアです。
後の方でも大丈夫。カーペットの縁に座って居れば、恐竜がそばまで来ます。


料金
おとな(中学生以上)
 当日 3,500円(税込)
 前売 3,200円(税込)
こども(3歳~小学生)
 前売 1,700円(税込)
 当日 2,000円(税込)

2017年12月17日 (日)

子どもとおでかけ「あしかがフラワーパーク」

あしかがフラワーパークでは 「光の花の庭」というイルミネーションを開催中です。

大きなクリスマスツリー
Img_1031

Img_1034

春には美しい紫色の花で彩られる藤棚
Img_1040

薔薇の花
Img_1044

Img_1051

日本三大イルミネーションの一つに数えられているそうです。


車は大渋滞
やや明るい時間に入園して暗くなるのを待ちましょう。

     

開催期間 2017年10月21日(土) ~ 2018年2月4日(日)
点灯時間 16:30~21:00 (土日祝は21:30まで)
入園料金 大人900円 子供500円

年明けはクリスマスとはちょっと違ったイルミネーションが見られる


Img_1052
帰りはお隣佐野市で「佐野ラーメン」。
冷えた体が温まります。