趣味

2016年5月28日 (土)

クラフトフェアまつもと

クラフトフェアまつもと

Craft01

毎年5月に長野県松本市で行われているクラフトフェア。
2016年は5月28日と29日の二日間です。

そもそもクラフトとは?
辞書を引くと
「手芸品、工芸品、民芸品」などと出てきます。
私的には手作りされたモノと理解しています。

「クラフトフェアまつもと」とは?
1985年に始まり今年で32回目を迎えるフィールドエキシビジョンです。
松本市のあがたの森公園に全国の作家さんが250名以上が集まり、作品の展示や販売が行われます。

陶芸・ガラス・木工・金属・染織 等々。
公募形式で今年は1,000人以上の応募があったそうです。

Craft02

Craft03 Craft04 Craft05_2 Craft06 Craft07 Craft08 Craft09 Craft10 Craft11 Craft12 Craft13 Craft14 Craft15 Craft16 Craft17 Craft18 Craft19 Craft20

沢山ブースがあるのであとでまた来ようなんて思っても探すのが大変。
何で配置図配ってないのかな?と思っていたら、
各ブースのスペースは設置当日の早い者勝ちだそうで、
なるほど、事前に配置図を作るのは無理ですね。

本気でお買物をしたい人は、土曜日に行くのがおすすめ。

市内のギャラリーなどでも関連イベントが行われています。penguin

あがたの森公園へのアクセスshoe
松本駅から1.5km、徒歩20分
バス(200円)は、美術館の前まで、そこから徒歩5分ぐらい

2015年6月20日 (土)

紫陽花

rainうっとしい梅雨の季節ですが季節の花を観賞して心和ませるのも良いかも。

雨が似合う花と言えば、紫陽花ですね。
というわけで、今回は紫陽花についてです。


アジサイの語源は諸説あるようですが、もっとも有力とされているのは、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったものとされています。

漢字の「紫陽花」は、もともとライラックに付けた名を平安時代の学者が誤ってこの漢字をあてたものが広まったといわれています。

原種は日本に自生するガクアジサイ。

花びらに見えるものは萼(がく)が大きく発達した装飾花です。(ここでは花とさせてください)
ガクアジサイは装飾花が花序(かじょ)の周辺部を縁取るように並び、「額咲き」と呼ばれます。
ガクアジサイから変化し、花序が球形ですべて装飾花となったアジサイは「手まり咲き」と呼ばれます。
アジサイは装飾花により大きくガクアジサイとホンアジサイに分類されます。

  Gaku_ajisai ガクアジサイ

  _ajisai ホンアジサイ


多くの品種が作り出されており、ヨーロッパで品種改良されたものはセイヨウアジサイと呼ばれています。
  Seiyou_ajisai セイヨウアジサイ


ここからはアジサイの種類をいくつかご紹介します。

  Anaberu
  アナベル Annabelle
  真っ白になる花が特徴です。


  Uzu_ajisai
  ウズアジサイ 渦紫陽花
  花が内側にまるまって渦を巻くように見えます。


  Yae_kashiwaba_ajisai
  ヤエカシワバアジサイ 八重柏葉紫陽花
  葉の形が柏に似ていることが名前の由来。花はピラミッド型で白い花を付けます。


  Shirohana_gakuajisai
  シロバナガクアジサイ 白花額紫陽花


  Beni_gaku_ajisai
  ベニガクアジサイ 紅額紫陽花
  白から紅色に変わる花が特徴です。


  Jogasaki
  城ケ崎
  古くから伊豆地方に自生していた野生種だそうです。


  Sumidano_hanabi
  スミダノハナビ 隅田の花火
  星形の花が八重になっており、花火のように花が飛び出すような形をしています。


アジサイは世界中で人気が高く、園芸品種は各国で改良が進み、3000種以上あるそうです。(びっくり!)
最近では冬に咲くアジサイもあるそうです。
でもやっぱり、紫陽花は雨の季節に愛でたいなぁ。。。penguin


2013年3月31日 (日)

サンシャイン水族館 早朝裏方ウォッチング

サンシャイン水族館の年間パスポート会員限定イベント
「早朝裏方ウォッチング」に行って来ました。

イベントは3日間行われ、期間中は朝8時半から水族館に入場できました。


9時過ぎに池袋に到着。
店舗の営業時間前のサンシャインは、ちょっと薄暗く、人も少なく、見慣れない風景でした。

イベントに行ったのは3日目、日曜日。
混雑覚悟でしたが、階下の静けさが嘘のようなにぎわい。
水族館には大勢の 人 人 人。

水族館到着時には、ラグーン水槽の裏側ウォッチングの整理券配布は既に終了。
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

それでも、普段見ることができない、お掃除風景などを見学することができました。


バイカルアザラシ水槽の落水清掃
20130330_01

淡水に住む珍しいアザラシ、
バイカルアザラシの うん● も見せてくれました。
臭い!

亀水槽のお掃除
20130330_02jpg

イケメンと言われていましたが、女性です。

巨大魚水槽の裏側見学
20130330_03
普段見ることのない角度、上からピラルクが見られました。

ラグーン水槽fish
20130330_04
メインの水槽。
裏側も見たかったな~。

あっという間に、普通の営業時間になって、さらに人が増えました。

20130330_05

小腹を満たして、退散~。

penguin