文化・芸術

2016年1月 2日 (土)

雅楽の楽器 「笙」

皆さま明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


お正月っぽく雅楽で使われる楽器、「笙(しょう)」と「竽(う)」 をご紹介します。


Gagaku2
(しょう)は、約3000年前、中国・アジア各地で演奏されていました。
5~7世紀頃に仏教と共に雅楽の楽器として日本に伝わりました。
それ以来、日本の宮廷音楽として伝承されてきました。

笙の形を翼を立てて休んでいる鳳凰に見立てられ、鳳笙(ほうしょう)とも呼ばれます。
主旋律を奏でるというより、5つ6つの音を同時に出す倍音(ばいおん)を奏でることを得意としています。
雅楽では篳篥(ひちりき)が主旋律楽器として用いられます。

竹管の指穴を押さえ、吹穴から息を吸ったり吐いたりして、竹管の下部に付けられた金属製のリードを振動させて音を出します。
笙は吸っても吐いても音が出るので、音の切れ目なく演奏ができます。

Gagaku3
呼気によって内部に湿気が溜まらないようにコンロで温めながら演奏します。


Gagaku4
こちらは竿(う)という楽器です。
笙より1オクターブ低い音域が鳴ります。
平安時代には、すでにすたれ、千年以上途絶えていましだが、正倉院楽器復元により、現代に蘇ったそうです。
大きい(笙の2倍くらいの長さがあります)けど、音量が小さいので、使われなくなったのではというお話でした。

Gagaku5
これが楽譜です。漢字でかかれています。

Gagaku1
笙(しょう)演奏者の田島さんです。

田島和枝さんプロフィール/
八ヶ岳高原音楽祭・タングルウッド音楽祭・ウィーン現代音楽祭・薬師寺観月祭 などに参加
CDでは坂本龍一、ディープフォレスト、岡野玲子「陰陽師」などにも参加

素晴らしい日本の文化が絶えることなく引き継がれていくことを願っています。penguin

2015年12月 4日 (金)

「子どもとおでかけ」 ニキ・ド・サンファル展@国立新美術館

「子どもとおでかけ」


art国立新美術館で開催中のニキ・ド・サンファル展に行ってきました。
   Niki02     Niki01
平日の午前中だったおかげか、日本での知名度がそこまで高くなかったのか、ゆったり見ることができました。

チケットは子ども無料にもかかわらず、子ども用のパンフレットがタダでもらえます。
  Niki03 
わかりやすい解説で大人も欲しいくらいです。

中に入ると、目に入ってくるのが射撃をしている映像です。
子どももいきなり釘づけ。
「射撃絵画」パフォーマンスの映像で、絵具を入れた缶や袋を石膏によって画面に付着した絵画に向けて銃を放つ姿が映し出されています。
銃なんて子どもには刺激が強すぎるかしらとも思いましたが、
ブシューッとか、ビチョッっとか、絵具が出てくる様を興味深げに見入っていました。

「ナナ」シリーズは、大きな彫刻作品が多く、色も形もヘンテコリンで、子どもには受け入れやすかったようです。
お気に入りのart作品の周りを何週もぐるぐる周っていました。

  Niki04   Niki05


子どもと美術館に行って一番気を遣うのが「声」でしょうか。
1時間近く無言でいさせるのは絶対に無理!
小さい子は上手に小声で話すことができません。
興味を持ったら「これ何?」「うわ~」なんて声がでちゃいますよね。
抱っこされている赤ちゃんからはcrying鳴き声が聞こえることもあります。

休憩室と書いてあるところに行ってみても、tv ビデオが流れているので、ここでも静かにしなくてはいけません。

ということで、toiletトイレへ。
ここなら多少大きな声でしゃべっても大丈夫ですpenguin



~プロフィール~

ニキ・ド・サンファル(1930-2002)は、戦後を代表する女性美術家のひとりです。
フランスに生まれ、少女時代をアメリカで過ごしました。
抽象絵画に影響を受け独自のスタイルを作り上げていきました。
パフォーマンス・アート「射撃絵画」で一躍有名になりました。
後に、女性の表象への関心を強め、「ナナ」シリーズでは鮮やかな色彩と伸びやかな形態を用いて解放的な女性像を作りました。
2014年にパリで開かれた回顧展では約60万人の観客を集め、大きな話題となりました。


オフィスコキリコは働くママを応援します。採用情報はこちら

2015年4月29日 (水)

すてえじくらぶ2展 @ 表参道 アートスペース リビーナ

                               Photo   clovercloverclover


表参道の『アートスペース リビーナ』で開催されている作品展に行って参りましたart

『アートスペースリビーナ』は、東京メトロ表参道駅A3出口を出てすぐ左手のビルですbuilding

     017ac667c5fca510c470f50b6aeaba281_2   エレベーターで4階へnote

       019c17c423f2d465e9508cfdb9826130da5          01aaa3dd90a81b97db56b49a0ac1ecf71b3
 

                  019fe80f241e7158650b9542d40449851fd           014d0514e16e40b1293566e674b481e7e53

       012a1ffdc5dc7f4b213f3a85b8a9b1be6f6           015037b4a1304981e553970b2f7f345e53c


                   010184cdc12945e7778aa2baea737057969            01f39ef8ad18aed54b1ebc6457004c7e14f

国内外の風景画や写真など素敵な作品が展示されていましたart

水の都ベネツィアやアマルフィの絵もあり、またイタリアへ行きたくなりましたlovely

他にも、大きな焼き物の展示や、小さなニャンコやワンコの箸置きの販売もあり、

色々な楽しみ方ができそうですnotenote

5月3日まで開催しているとのことですart

お休みを利用して行かれてみては如何でしょうnotenote


○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

       ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:* cat sign05 cancer

2012年6月24日 (日)

"LIVELOVE 祭" @オーチャードホール

誘われるがままに行ってみましたnotenote

思いがけず(ゴメンナサイcoldsweats01)と~っても楽しい時間を過ごしましたnotenote

古澤巌さんのヴァイオリン、とっても素敵note

Daichiさんのビートボックス、惹きこまれましたkaraoke

そして…ヴィヴィアン佐藤さん…何というか…インパクトありすぎkissmark

でも、イラストはとっても魅力的pen

20120622livelove

普段はあまり行かないライブも、たまには足を運んで新しい刺激を受けないとshine

cancer   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;: