« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023年6月22日 (木)

山椒の実の 下ごしらえ と レシピ

山椒の実を買いました。
Img_1598_20230623075501
青い山椒の実は5月から6月が旬なんです。

山椒は、
春の3月から4月は新芽を収穫します。
「木の芽」と呼ばれ、同じ時期に旬を迎えるタケノコやふきの煮物に添えられることが多いですね。
Img_1607_20230623075501

4月下旬には花山椒。花が開く前の蕾を収穫します。

5月から6月は実山椒の収穫時期。
赤い山椒の実と区別して青山椒とも呼ばれます。

夏を越した9月から10月は、赤い実の実山椒の季節。

熟して黒い種がはじけたら、割山椒になります。

 

山椒の実の下ごしらえ

1.ごみを取り除く

2.水で洗う
Img_1600

3.たっぷりの湯で7~10分茹でる
Img_1601_20230623075501
 ポイント
 ■ブツブツ煮立つ程度の火加減を保つ
 ■指で潰せるぐらいの堅さまで茹でる
 (時期によって堅さが変わるので必ず潰してみて、茹で時間を調整する)
 今回は15分ぐらい茹でました。

4.一時間水にさらす
Img_1602_20230623075501
 ポイント
 ■あくが強い場合は、さらす時間を長めにする

5.枝を取る
Img_1604_20230623075501
 茹でる前に取るより楽に枝が取れます。
 軸は残しても大丈夫。(もちろん取っても大丈夫)
Img_1605 Img_1606

 

冷凍方法

冷凍すると1年ぐらい持ちます。

1.キッチンペーパーで水分を軽く拭き取る。

2.ラップに包んで小分けにする。

3.ジップロックなどの保存用ビニール袋にいれて冷凍庫へ。

 

今日は冷凍せずに全部佃煮にしちゃいます。

山椒の佃煮

1.水:酒の割合、1:1でひたひたになる程度に入れる。
Img_1609_20230623075501

3.お醤油を大匙2杯入れて煮る。
Img_1610_20230623075501

2.沸騰したら蓋を外して、15分煮る。

4.水分が飛んだらつや出しにみりんを小匙1杯入れてひと煮立ち。完成。
 Img_1614

※時間はあくまでも目安です。調整してください。

 

 

実山椒を使ったメニュー

ちりめん山椒 風

シラスと山椒を和えるだけ。
白飯によく合う!
Img_1613

お蕎麦にも合います。
爽やかな風味が広がります。
ご飯より好きかも。
Img_1612

 

山椒にはサンショオールという成分が含まれています。
これが麻酔と似た効果があり、舌をしびれさせます。
山椒には胃の働きを整える働きもあるので、食欲がない時には良いですね。

お風呂に入れると肩こりやリウマチの症状を和らげるそうですよ。

 

お魚巾着袋の作り方

Img_1564

材料

布A(胴) 20cm×40cm
布B(頭・紐通し) 20cm×36cm
布C(背びれ・胸ひれ・尻尾) 15cm×18cm
布D(裏地) 20cm×60cm

ボタン直径1.5cm×2個
紐52cm×2本

材料

頭は、無地が良さそうです。紐を通すところも頭に合わせて同じ生地にしました。
胴は、ハート柄を使いました。ちょっと うろこっぽく見えなくもない。
ひれは、ストライプ。
裏地は、頭と同じ生地を使いましたが、柄ありの方が可愛いです。

 

1. 背びれ、胸びれ、尻尾のパーツを作ります。

Sakana01

ストライプの生地を使っています。
生地の向きに注意です。

①中表に真ん中で半分に折る。
Img_1496

②中表で、返し口を残して縫う。
縫いしろ5mm。
Img_1497

③切る。
縫った後に切る方が柄がズレません。
わになっているところは無理に切らなくても大丈夫。
Img_1504

④切り込みを入れて表に返す。
カーブのところに切り込みを入れると、表に返した時にきれいな曲線が出ます。
切り込みを入れる時は、縫った糸を切らないように注意してください。

 

 

2.お魚の頭と胴を縫い合わせます。

Sakana02

①先目を頭に先に縫い付けておく。
直径1.5cmのボタンを使っています。なければフェルトを丸く切って縫い付けてもOK!
両側の目が同じ位置に来るように注意してください。

②胸ひれを端に合わせておく。
胸ひれも両側が同じ位置に来るように置きます。

③胸ひれを挟んで頭と胴を中表に合わせて縫う。
縫いしろ1cm。
Img_1508

④頭と胴を縫い合わせたら、縫いしろを頭側に倒して、表からステッチをかける。
Img_1512Img_1572

 

 

3.表地を縫う

Sakana03

①背びれと尻尾を端に合わせておく。
 巻き込まないように尻尾をたたんでおく。

②背びれと尻尾を挟んで 
 表地を中表に合わせて、縫う。
Img_1515

③カーブに切り込みを入れて表に返す。

④縫いしろを両側に倒す。
 口を1cm内側に折る。

 

 

4.紐通しと裏地を縫う

Sakana04

紐通し
①紐通しの短辺が通し口になります。
1cm折り、縫う。
ほつれやすい布は5mmの三つ折りで縫う。

長辺は、口のサイズ18cmより大きくならないようにします。
17.5cmぐらいだとちょっと隙間があいていい感じ。
Img_1574

ピッタリ18cm。18cmより長くなるとここが重なるのでNG。
Img_1575

 

裏地
①裏地を中表に合わせて、縫う。
口部分を残して縫いしろ1cmで縫う。
Img_1510

②カーブに切り込みを入れる。

③縫いしろを両側に倒して、口を1cm外側に折る。
Img_1516

 

 

5.表地と裏地を縫う

①表地の中に裏地を入れる。
2mm裏地が出るように口を合わせる。
Img_1517

②表地と裏地の間に紐通しを挟んで表から縫う。1mm。
Img_1519

表地側は1mm、裏地側は3mm、のステッチになります。
Img_1577 Img_1576



③紐を両側から通して完成。
紐の長さ52cm。
(写真は1本ですが2本通した方が使いやすいです)
Img_1563 Img_1564

2023年6月13日 (火)

手ぬぐい1枚で作るエコバッグ

100均で買える手ぬぐい1枚で、コンビニ袋タイプのエコバッグが作れちゃいます。
Img_1464

材料
100均に売っている手ぬぐい1枚
縦33cm×横90cm
縦横関係のない柄を選びましょう。
Img_1439

実際に作っていくのは この柄です。
Img_1440

手ぬぐいを1/4にたたみます。
Img_1442

右上が中心になるように置いて印をつけていきます。
Img_1443

6cm×14cmのところで直線をひきます。
Img_1445_2

角を丸くしたいので、丸いものを置いてカーブを書きます。
Img_1448_2

線に沿ってカットします。
Img_1449

切り離された小さい方はポケットに使います。
Img_1450

本体の方にアイロンをかけておきます。
Img_1452

1cm幅で三つ折りにします。
カーブのところは切り込みを入れておきます。
Img_1451_2

 

切り落とした布でポケットを作っていきます。
 12cm×28cmぐらいにカットされているハズです。

半分ではなく、2cmの差をつけてカットします。
 12cm×13cmと12cm×15cmにします。

カーブがある方がポケットの下になります。
Img_1453 Img_1454_2

12cm×13cmの小さい方
カーブがない方=ポケットの入り口になる部分を三つ折りにして縫います。
Img_1455

12cm×15cmの大きい方
カーブのない方の端を5mm幅の三つ折りにして、上から4cmぐらい縫います。
Img_1455_2

二枚を中表で縫ったら、返して、端から1cmぐらいのところを縫います。
これで、ポケットになります。
Img_1457 Img_1458

ポケットを本体の三つ折りしたところに挟んで、三つ折りを縫います。
Img_1459

本体を中表のまま、上から16cmのところから下まで、
端から1cmのところで縫います。
持ち手になるところは縫いません。
Img_1460_2

持ち手になる部分の半分の幅に折って、
底を縫います。下から1cm。
Img_1461_2

表に返して完成です!
Img_1464Img_1464_2

使わない時は、ポケットにしまえます。
Img_1465Img_1466Img_1467

KALDYのエコバッグとサイズを比べてみました。
ちょっと形が違うけど。

Img_1468 Img_1469

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ