« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

2022年11月11日 (金)

よこすか満喫

横須賀に行ってきました。
11月だけど暖かい。観光日和!


横須賀と言えば、海~!
フェリーに乗って猿島へgo!
まずは横須賀中央駅から徒歩15分、三笠公園に隣接する乗船場へ向かいます。


途中、米軍の横須賀基地周辺は外国人の方がいっぱい歩いているので異国情緒が楽しめます。
Cfay Cfay_anchor

おしゃれな電話ボックス
Telephone_box

三笠公園
Mikasa_park

三笠ターミナルからフェリーで 猿島へ渡ります
Sarushima_ticket Sarushima_ferry

無人島の猿島ですが、かつては要塞の島でした。
貴重なフランス積みのレンガの建造物が現存しています。
Sarushima Sarushima_tunnel

猿島の展望台からは海軍基地や八景島も見えます。
Sarushima_view

フェリーで戻ったらランチ🍔
ハンバーガーが有名な人気店のハニービー
Honeybee

ヨコスカネイビーバーガー
Honeybee_burger
あごが外れそうなぐらい大きなビッグサイズ!!

壁には有名人のサインがいっぱい飾られていました
Honeybee_wall

食後は、ドブ板通りをお散歩&ショッピングをしながらコーカスベイサイドストアーズを目指します。
Dobuita_streetDobuita_skajan
ドブ板通りにはスカジャンのお店がいっぱい


汐入ターミナルから乗船してYOKOSUKA軍港めぐりのクルージングです。
Gunko_ship Gunko
アメリカ海軍や自衛隊の戦艦を間近で見ることができます。
毎日違う船が入れ替わるそうです。
すごいたくさんの船をいっぺんに見た気分でいましたが、この日は船が少ない方とのアナウンスがありました。


クルージングの後は、遅めのおやつ。
ハンバーガーが大きかったのでお腹空いてないけど、デザートは別腹。

LAUNAのヨコスカチェリーチーズケーキ
Img_0054

こちらのお店の壁も有名人のサインでいっぱいです。
Launa_wall

本日のルートおさらい
横須賀中央駅-(徒歩15分)-三笠桟橋(三笠公園隣接)-(11:30 10分フェリー)-猿島-(12:45 フェリー)-三笠桟橋-(徒歩15分)-HONEY BEE-どぶ板通り-15:00(所要時間45分)YOKOSUKA軍港めぐり-レストラン LAUNA

 

実は今回、京急電鉄のおとくなきっぷを使って横須賀を利用しました。

よこすか満喫きっぷ

Yokosuka_mankitu
スマホ利用のデジタルきっぷお値段 3,230円
(横浜~横須賀中央の往復乗車券+食べる券+遊ぶ券)

おとくなきっぷを使わないで行くと・・・

交通費(横浜~横須賀中央) 片道 367円

(食べる券が使える)ランチ
HONEY BEE
ヨコスカネイビーバーガーレギュラーコンボ:ヨコスカネイビーバーガー 1/2ポンド(227g)、ポテト、ドリンク 2130円

(遊ぶ券が使える)カフェ
レストラン LAUNA〈ラウナ〉
ヨコスカチェリーチーズケーキ&ドリンクセット 880円+コーヒー500円

合計 4,244円

ということは、約1,000円分もお得になります⤴。

船も割引があるのでさらにお得!

猿島航路(入園料込)
2000円→1850円
軍港めぐり
1600円→1440円

お土産にレトルトの海軍カレーを買って帰って夕飯も横須賀気分 

2022年11月 2日 (水)

北陸旅行 3日目(金沢)

美術館メイン 北陸2県(石川県・富山県)二泊三日の旅行
3日目

3日目は晴れ。気温も温かく最高気温20度。
徒歩で観光です。


金沢駅
Img_9910

近江市場」を経由。
Img_9911


大樋(おおひ)美術館」大樋焼きの茶道具を中心に展示する美術館です。
Img_9914 Img_9917
併設するギャラリーと茶室と庭園は隈研吾さん設計。
Img_9916
美術館の前庭はいけばな草月流の勅使河原宏さんによる作庭です。
著名人とのコラボで作られた茶碗は興味深いものがあります。
朝9時から開館しています。

お向かいの加賀藩御用菓子司「森八」さんの2階「森八茶寮」でお菓子をいただきました。
Img_9921 Img_9923
野紺菊(ノコンギク )という小倉餡の生菓子です。

茶寮を利用すると「金沢菓子木型美術館」が無料で見学できます。
Img_9927
1階で買えるお菓子は金沢限定の商品はなく全て東京で買えるそうです。

 

ひがし茶屋街
雑貨屋さんがいっぱいあるので九谷焼やお土産を探しながら歩くのが楽しいです。
Img_9935 Img_9937

金澤パフェ むらはた ひがし茶屋街店
Img_9938_20221110135401

金沢城兼六園の間のお堀通り経由で21世紀美術館に行きます。
Img_9941

 

金沢21世紀美術館

「時を超えるイヴ・クラインの想像力―不確かさと非物質的なるもの」
観たかったやつ~❣
インターナショナル・クライン・ブルーと言われる青で有名な作家です。
34歳という若さで亡くなっていますが、日本にも滞在しています。
Img_9950 Img_9952

 

3日目
金沢駅
 ↓
近江町市場
 ↓
大樋美術館(おおひ)
 ↓
金沢菓子木型美術館(森八の2階)
 ↓
ひがし茶屋街
金澤パフェ むらはた ひがし茶屋街店
 ↓お堀通り(兼六園金沢城の間の道)
金沢21世紀美術館
 ↓お堀通り(いもり堀)・近江町市場
金沢駅

 

1日目の様子は→こちら

2日目の様子は→こちら

 

2022年11月 1日 (火)

北陸旅行 2日目(高岡市・富山市)

美術館メイン 北陸2県(石川県・富山県)二泊三日の旅行

2日目
午後から雨予報。

能越自動車道が通行止めだったため、海岸沿いの道で高岡市を目指しました。


国宝の山門、仏殿、法堂がある「瑞龍寺」。
Img_9808
Img_9821
Img_9809

 

到着前に雨が降り始めてしまいました。
お天気が良ければ、重要伝統的建造物群保存地区の「山町筋」や「千本格子の家並み」をお散歩するのもよさそうです。

 

 

能作 本社工場」工場見学と製作体験ができます。(要予約)
「能作」の社屋はグッドデザイン賞を受賞しているそうです。
Img_9826Img_9828

工場見学前に腹ごしらえ。
Img_9827
併設のカフェ「IMONO KITCHEN」で社長おすすめの「職人さんのまかない牛スジカレー」をいただきました。

工場見学(約30分)は職人さんの作業を間近で見ることができます。
Img_9835

工場見学の後は、デザート。
能サクッ!アップルパイ × 『バンクシーって誰?展』 1,500円(税込)会期中限定で登場!
Img_9860

能作の錫製品。「曲がる」器は、ものづくり日本大賞 受賞者をはじめ、数々の賞を受賞されています。
Img_9852

雨の為、街歩きを断念して、足を延ばして富山市まで。
複合ビル「TOYAMAキラリ」は図書館と「富山市ガラス美術館」が併設されています。隈研吾さんの設計です。
Img_9867Img_9902
富山市ガラス美術館」常設展のみでしたが、6階「グラス・アート・ガーデン」に展示された、現代ガラス作家の巨匠デイル・チフーリ(Dale Chihuly)氏によるインスタレーション(空間芸術)は見ごたえありです。
Img_9880 Img_9890

 

宿泊は金沢
ダイワロイネットホテル金沢MIYABI
大和ハウスグループのホテルです。
大浴場があるのがありがたい!
2019年オープンなのでキレイです。
Img_9906
ダイワハウスで家を建てたらこんな感じ?
Img_9907

 

2日目
和倉温泉
 ↓ 自動車(国道160号経由)
瑞龍寺(国宝)
 ↓ 自動車(庄川沿い)
能作 本社工場(ランチ&工場見学)
 ↓ 自動車
富山市ガラス美術館
 ↓ 自動車
金沢(宿泊)

 

1日目(輪島~和倉温泉)の様子は→こちら

3日目(輪島~和倉温泉)の様子は→こちら

 

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ