« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月

2022年10月31日 (月)

北陸旅行 1日目(輪島・和倉温泉)

美術館メイン 北陸2県(石川県・富山県)二泊三日の旅行

1日目

北陸新幹線を利用して東京駅から金沢駅まで約2時間半、10時前に金沢駅に到着しました。
今回1日目と2日目は車で周ります。
ということで、金沢駅到着後、レンタカー屋さんに直行です。
ちなみにレンタカー代は、
トヨタレンタカーで2日間借りて、16,500円+ガソリン代約3,800円(ガソリンスタンドに寄らずにレンタカー屋さんでお支払いしました)。
エコノミー(ヤリス等)クラスで予約して、カローラでした。USB差すとこないです。シートも手動でした。

この日の最高気温は20度。お天気も良いです。

まずは、「のと里山海道」を通って「千里浜なぎさドライブウェイ」へ。
「のと里山海道」は現在無料で通れます。
海岸沿いの気持ちの良い道です。

車で走れる砂浜「千里浜なぎさドライブウェイ」は、今浜ICで降ります。
Img_9716

 

輪島までは金沢から車で約2時間。お昼ごろに到着。輪島の朝市は午前中で終了。
朝市の雰囲気は残念ながら味わうことはできませんでした。
しかも、お食事ができるお店やカフェもお休みのところが多く、候補に挙げていたお店は全部お休み~!(泣)
駐車場は午後から無料です。

キリコ会館に隣接する「喜芳」を発見!
河豚の天ぷら丼を美味しくいただきました。輪島の新名物だそうです。
今どき嬉しい個室でした。
Img_9725 Img_9722

輪島工房長屋」では、職人さんが作業しているところを見学できます。輪島塗について丁寧に解説してくださいました。
輪島塗を買うなら、「輪島塗会館」が良いと教えてくれました。
Img_9728 Img_9729

輪島塗会館」の2階は展示室になっています。輪島塗の歴史や製作工程を見ることができます。
Img_9731 Img_9734

漆芸美術館」では「彫りを彩る 人間国宝 山岸一男の世界」が開催。(11月6日で終了です。)
沈金の重要無形文化財保持者である山岸さんの作品が20代の頃から最近の作品まで見ることができました。
Img_9742

道の駅 千枚田 ポケットパークに車を止めて暗くなるのを待ちます。
日没から4時間、10月下旬~3月上旬まで「白米千枚田」のイルミネーションを見ることができます。
千枚田の中を歩くこともできます。
イルミネーションは時間によって色が変わっていきます。
Img_9759

宿泊は和倉温泉「美湾壮」。
お部屋からもお風呂からも七尾湾が見渡せ、とっても景色が良いです。
Img_9784 Img_9782
Img_9765 Img_9760

 

1日目
金沢駅レンタカー
 ↓ のと里山海道
千里浜なぎさドライブウェイ
 ↓ のと里山海道
輪島朝市の駐車場
 ↓ 徒歩
喜芳(ランチ)
 ↓ 徒歩
輪島工房長屋
 ↓ 徒歩
輪島塗会館
 ↓ 自動車
漆芸美術館
 ↓ 自動車
道の駅 千枚田 ポケットパーク
 ↓ 自動車
和倉温泉(宿泊)

 

2日目(高岡市・富山市)の様子は→こちら

3日目(金沢)の様子は→こちら

 

2022年10月 9日 (日)

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』を観てきました

7月から始まった東京公演です。
先行予約にハズレ、5月にやっと取れたチケットはなんと10月分でした~。

赤坂駅の改札を出るとすぐにハリーポッターの世界が始まります。

20221008_01 20221008_03

そして赤坂サカスもハリーポッターの世界に!
マホウドコロに9と3/4番線のカートが!

20221008_06 20221008_09

20221008_12劇場の入り口です。


20221008_10劇場内には各寮の旗が。

20221008_11

ストーリーは、
ハリーたちが魔法界を救ってから19年後。
父親となったハリーと息子アルバスがメインのお話です。(ネタばれになるので詳しくは書きません)

ハリーポッターファンには大興奮の舞台なのはもちろん、よく知らないという方でも、楽しめる仕掛けが随所にあります。

 

当日の出演者のキャストボードはどこ?
と思ったら、なんと本棚にお名前がありました。

20221008_08

この日は石丸幹二さんがハリーポッター役でした。
Wキャストの向井理さんバージョンも観てみたいですね。

開演当初はハリーポッター役の藤原竜也さんがテレビに出演して宣伝されていましたが、残念ながらすでに千秋楽を迎えてしまいました。

 

グッズを買うなら、
グッズは劇場内にもありますが、
劇場に隣接する赤坂サカスにある
ハリー・ポッター マホウドコロ」(要予約)
にいっぱい売っています。
Harry Potter cafeのテイクアウトコーナー(要整理券)でも別のグッズが購入できます。
近所のタリーズコーヒーでもタンブラーやエコバッグが購入できます。

20221008_05マホウドコロ

20221008_07Harry Potter cafeのテイクアウトコーナー

お食事は、
Harry Potter cafe」で
お食事ができると更に気分もUPするのでしょうが、予約が取りづらいです。
立食で軽く済ませるなら劇場内にカフェがあります。舞台にちなんだドリンクもあります。ロビーなら飲食持ち込みOKです。

20221008_04Harry Potter cafe

 

場所:赤坂アクトシアター
料金:C席7,000円~S席15,000円、SS席17,000円、9と4分の3番線シート20,000円
上演時間:3時間40分(含休憩)

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ