« 家族は成長する! | トップページ | 6月の北海道 »

2022年6月 1日 (水)

「水無月」梅雨シーズンなのに水が無い月?

6月の和風月名「水無月」。
梅雨なのに水が無いとは、どういうこと?と思いますよね。

 

旧暦6月は、現在の7月頃。梅雨が明け、暑さの厳しい日が続く時期になります。
暑さで水が干上がって水が無くなるから、
田んぼに水をはる季節なので田んぼ以外の水が無くなるから
という説があります。

 

一方で、「無(な)」が「の」にあたる連体助詞だ
という説があります。
「な」は「の」の古語で「無」は当て字ということです。

つまり「水の月」という意味になります。
田んぼに水を入れる「水の月」。

 

いずれにしても、田植えと関連した説が多いようですね。

※語源には諸説あります。

20220601rain

« 家族は成長する! | トップページ | 6月の北海道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家族は成長する! | トップページ | 6月の北海道 »

フォト
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ