« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月22日 (金)

メンタルへルスセミナー~怒りの感情の取り扱い方~

本日カウンセリングセミナーを開催いたしました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

【タイトル】メンタルへルスセミナー~怒りの感情の取り扱い方~
【日程】4月22日(金) 10:00〜12:00
【主催】東京青山セラピールーム SUN‘S ROOM

~怒りの感情について学び、上手に自分の怒りの感情を取り扱えるようになりましょう~

人は、悲しいことが起これば、「悲しみ」の感情が湧き、嬉しいことが起これば「嬉しい」という感情が湧きます。
それと同様に、怒りを覚えるような出来事に遭遇すれば、「怒り」の感情が湧いてきます。
何かしらの出来事がおこれば、その出来事を自分がどのように解釈したか、というそれぞれの人のもつ認知の過程によって違いがありますが、様々な感情が起こり、そして、それは生きていれば当然です。

ですが、この当然のことがうまく表現できず、我慢して気持ちや自分の思いを溜めこんでしまったり、言い過ぎたりしてします方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

「この程度で悲しんではけない」
「どうせお世辞なのだから、喜んだらみっともない」
「私は傷つけられたのだから、相手も傷つけてよい」

特に怒りの感情については、上手く表現することができず暴力や暴言となって時に相手を傷つけ、自分自身も傷ついてしまうこともあります。

このように、自分自身の感情を頭でセーブしすぎてしまうこと、また、上手く表現できないために「どうせ伝わらないのなら」と予想外の爆発力をもって表現されてしまうことは、誰しもに経験があることかもしれません。

湧きおこる感情自体には、良いも悪いもありません。
人は、感じたいものを感じるように、感じるべきものを感じるようになっています。
感情は、必要だから湧きあがってきており、それをきちんと感じることで、完了していくものです。我慢したり、別の感情に無理に置き換えようとすると、きちんと感じることができず、自分の中にモヤモヤと溜まっていき、心身やコミュニケーションに影響を及ぼします。
湧き上がってきた感情はきちんと感じてあげることが、自分の心を労わることでもあります。

そして、次に大事なことは、その感情を「どのように適切に表現するか」ということです。
今回のセミナーでは、怒りの感情について整理し、上手に取り扱えるようになることを学びます。

2022年4月 5日 (火)

4月29日は「昭和の日」

昭和の日とは、国民の祝日の一つで、
激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。」日とされています。

 

そもそも4月29日とは
昭和天皇の誕生日だった日です。
ということは、もちろん昭和時代は4月29日は「天皇誕生日」とういう名称だったのです。
天皇誕生日は、令和は2月23日、その前の平成は12月23日です。

 

昭和から平成に変わった年に「昭和の日」が制定されたわけではありません。
ではいつ制定されたのでしょうか。
1986年昭和天皇が崩御され、その年から「みどりの日」という名称の祝日に改められました。
「みどりの日」とう名称は、生物学者として植物に造詣が深かった天皇にちなんでつけられました。
その後法改正により2007年から、「昭和の日」となりました。
その時に、「みどりの日」は5月4日に移動しました。

 

天皇誕生日だった日が全て祝日になったわけではありません。
12月23日は平日になりました。
大正天皇の誕生日8月31日も平日です。
明治天皇の誕生日11月3日は「文化の日」として祝日となっています。

 

2010年ごろから「昭和レトロ」という言葉と共に「昭和」ブームが続いています。
昨年リニューアルオープンした西武園ゆうえんちも昭和の懐かしい街並みが再現されているそうですよ。
ゴールデンウイークを利用して行ってみるのも楽しいかもしれませんね。

20220405showanohi

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ