« 今日は「八十八夜」 | トップページ | 東京にある宮城県 »

2021年6月 6日 (日)

今日は「稽古始め」

6歳の6月6日 に習い事を始めると上達すると言われています。

何故6歳
能役者として有名な世阿弥が残した能の書物『風姿花伝』の「年来稽古条々で」、
この芸において、おほかた、七歳をもてはじめとす。
と書かれています。
当時の7歳は数えで今の6歳です。
0606keikohajime
何故6月6日
歌舞伎の台詞の中で、「六歳の六月六日の~」というゴロの良い言い回しが使われるようになったから。
という説の他に、
指の形が由来とも。
1から順に指を折って数えていくと6は小指がたつ形になります。
そこから、子が立つ→子供が独り立ちするという意味で6月6日になったということです。
Hand_count_1to6
いつから習わせようかなって悩んだら、6歳の6月6日からはひとつの選択肢になるのではないでしょうか。
後々、6歳の6月6日に始めたなぁなんて思いだしやすいですね。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

『風姿花伝(ふうしかでん)』は世阿弥が書いた能楽書で、室町中期(1400年頃)に成立しました。
世阿弥の父である観阿弥(かんあみ)の教訓をもとに書かれたもので、七巻の伝書からなります。

1.風姿花伝第一 「年来稽古条々(ねんらいのけいこのじようじよう)」
2.風姿花伝第二 「物学条々(ものまねのじようじよう)」
3.風姿花伝第三 「問答条々(もんどうのじようじよう)」
4.風姿花伝第四 「神儀云(じんぎにいわく)」
5.第五 「奥義云(おうぎにいわく)」
6.花伝第六 「花修云(かしゆにいわく)」
7.花伝第七 「別紙口伝(べつしのくでん)」 

「年来稽古条々」では7歳から50歳過ぎまでの年齢に応じた稽古の心得などが述べられています。

« 今日は「八十八夜」 | トップページ | 東京にある宮城県 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は「八十八夜」 | トップページ | 東京にある宮城県 »

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ