« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月30日 (日)

9月9日は重陽の節句

9月9日は五節句(人日、上巳、端午、七夕、重陽)の1つである「重陽(ちょうよう)の節句」です。

「重陽の節句」は平安時代の初めに中国より伝わりました。
陽数(奇数)は縁起が良いと考えられ、陽数の最大値である「9」が重なる9月9日を「重陽」と呼び、節句の1つとしました。
旧暦の9月9日は、現在の10月中旬ごろにあたり、まさに菊が美しく咲く時期で「菊の宴」とも呼ばれます。
菊酒を飲んだり、栗ご飯を食べたりして無病息災や長寿を願います。

重陽の節句の行事の一つ【着せ綿】は、菊の香と露とを綿に含ませ身をぬぐうことで、不老長寿を願う行事です。

『源氏物語』で有名な紫式部は、歌集『紫式部集』で着せ綿にまつわる歌を詠んでいます。
「菊の花 若ゆばかりに袖ふれて 花のあるじに 千代はゆづらむ」

今年は「重陽の節句」にちなんだ和菓子で無病息災・不老長寿を願ってみてはいかがでしょうか。

着せ綿着せ綿

紫式部紫式部

2020年8月 7日 (金)

子どもとおでかけ「ムーミンバレーパーク」

ムーミンバレーパーク行ってきました。
子どもはムーミンをよく知らないのであまり興味がなさそうでしたが。。。

駐車場からメッツァビレッジの敷地内へ入るとメッツァ アンブレラスカイ・デザインプロジェクト2020が迎えてくれます。
暑い日には日よけにもなっていい感じです。
Img_6644

ムーミンバレーパークの入口の手前、本のゲート。
Img_6646
ここまでは無料で楽しめます。

ムーミンバレーパークの入園料は大人2500円、子供1500円。
1デイパスは4200円、2300円です。

今日は入園だけ。
なぜなら一番やってみたかったジップラインが子供の体重が足りずにできません。
残念。

中に入るとムーミンの世界が広がっています。

Img_6711
エンマの劇場ではキャラクターたちのショーが見られます。

Img_6652 Img_6680
ムーミンのおうちは地下と1階は無料で入れます。

ヘムレンさんの遊園地はアスレチックと花馬があります。
Img_6665 Img_6664
子どもが一番気に入ったのがアスレチックでした。

展示施設には写真スポットがいっぱいあります。
Img_6694
模型も可愛いです。
お気に入りの角度を見つけてパチリ。

ランチはおさびし山のハヤシライス。
Img_6681

お土産はワークショップで自作。
「ムーミン谷のウォータードーム」
Img_6707
お姉さんが丁寧に教えてくれます。

ムーミンの後はカヌー。
Img_6714
腕が筋肉痛になりそう。

フィンランドのムーミンワールドの様子はこちら
http://office-kokiriko.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-6b9f.html

2020年8月 3日 (月)

子どもとおでかけ「ところざわサクラタウン」

2020年6月、東京オリンピックの前にオープンするはずだった「ところざわサクラタウン」。
8月1日にプレオープンしました。
本や映画のKADOKAWAが運営する施設です。
「オタクの聖地」とも呼ばれる施設ですが、オタクっぽい人達というより地元の人たちがポツポツいる程度でした。

メインの建物は「角川武蔵野ミュージアム」です。
現在はこの建物の設計者の隈研吾さんの展覧会が開催されています。
Img_6626
隈研吾さんはオリンピックスタジアムの設計者でもあります。

敷地内に武蔵野坐令和神社があります。
Img_6627

こちらは千人テラス&中央広場。
奥の建物がアニメホテル。オープンは11月だそうです。
Img_6628

隣接する武蔵野樹林パークには「チームラボ どんぐりの森の呼応する生命」があります。
入園料は大人平日昼間は400円夜は900円です。
ってことは夜の方がきれいなんでしょうね。(昼間の写真だけでスミマセン)
Img_6625 Img_6613
昼間は押して音を楽しむことができます。
感染対策でビニールの手袋が配られます。

プレオープンということで、オープンしている飲食店も2か所だけです。
こちらは博物館入り口の裏側にあるカフェです。
Sjgq9305

Img_6642
カフェで記念にマスク(150円)買ってみました。

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ