« 子どもとおでかけ「旭川」 | トップページ | 紅葉狩り@苗場 »

2016年10月14日 (金)

子どもとおでかけ「ダリ展」

「子どもとおでかけ」


art国立新美術館で開催中のダリ展に行ってきました。

子供と行くなら、平日の午前中、できれば開館と同時に入ると良いでしょう。

今回の展覧会ではダリの初期から晩年までの作品がいっぺんに見られます。
なんと250もの作品があるそうです。

若いころの作品から、誰もが思い浮かべるダリっぽい作品に辿り着くまでの遍歴を見ることができます。


ダリの絵には色々な仕掛けがあります。
あそこに人がいた、よく見ると顔になってる。
近づいてみたり、離れてみたりしながら見るのが楽しいです。

Dali2

さすがダリ。
チラシもただの四角ではありません。


Dali3

子供用のパンフレットです。
入り口で子供だけもらえます。
小学校高学年ぐらいなら理解できそうな内容です。


売店の奥に写真スポットがあります。
Dali1
ちょっとした仕掛けがあります。
見逃さないでください。


~プロフィール~

サルバドール・ダリ(1904-1989)は、シュルレアリスムの代表的な画家です。
スペインのカタルーニャ地方で生まれました。
パリからアメリカに進出し大きな成功をおさめました。
やわらかい時計をモチーフにしたものや、
妻のガラを聖母に見立てた宗教画などの作品を数多く残しています。
ダリと言えば、作品とともに、数々の奇行でも知られています。
目をギョロッとして独特の口髭の顔が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。


美術展の会期後半になると土日の待ち時間が長くなります。
土日にしか行かれない方は開催されたら早めに行くことをおすすめします。penguin

« 子どもとおでかけ「旭川」 | トップページ | 紅葉狩り@苗場 »

子どもとおでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586410/64523666

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもとおでかけ「ダリ展」:

« 子どもとおでかけ「旭川」 | トップページ | 紅葉狩り@苗場 »