« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月27日 (水)

チロちゃん初めまして

私事ですが、2016年4月9日から日本スピッツの「チロちゃん」を飼うことになり

毎朝、5時半~お散歩ルンルンしております

dogdogDsc_0992
2015年12月23日生まれです

大きくなってきましたupheart 毎日、幸福ですワンnote

これからもよろしくです~~bleahちょっとお転婆だけど・・・・

Dsc_0932


2016年7月26日 (火)

子どもとおでかけ「沖縄」

「子どもとおでかけ」


夏休みということで、昨年同様 沖縄に行ってきました。→昨年の様子

今年も飛行機はスカイマーク。
雲から顔を出す富士山が見えました。
Okinawa01

1日目。

「ちゅらうみ水族館」に行くために”超”早起きしました。
9時15分に那覇空港到着。
車で約2時間の「ちゅらうみ水族館」には11時半頃到着しました。
Okinawa02

【お得情報】
水族館の入場券は、コンビニで買うとちょっとお安くなります。

「ちゅらうみ水族館」名物 ジンベイザメ。
Okinawa03
デカい!

実はこの巨大水槽を上から見ることができるんです。
(ほとんどの人が見逃しているようです)
タイミングが合えば係員さんからお話が聞けます。
3匹いるジンベイザメの見分け方なんかも教えてくれます。
Okinawa04

*****************************************

水族館のレストランはどこも大行列。
ということで、車で近所の、やんばる海の駅にある「海人料理 海邦丸」に行ってみました。
県産まぐろ丼をいただきました。海ブドウも乗ってて美味しかった~。
お腹空きすぎて写真を撮り忘れました。

*****************************************

夕飯はタコライス。
Okinawa05


⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*


2日目~3日目は渡嘉敷島です。


渡嘉敷島のポスターになっている場所です。
Okinawa08

サンゴ礁もクマノミもすぐそこです。
Okinawa07
ただし、サンゴ礁のある辺りは急に深くなります。遠浅ではないので要注意です。

今年は子供も水中眼鏡をつけて海の中へ。
Okinawa06

子供は・・・
夕方になってもまだ遊んでます。
Okinawa09

夜になってもまだまだ遊んでます。
Okinawa10

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

最終日 再び沖縄本島へ。

*****************************************

昨年行ったGala青い海へ。

塩作りに挑戦。
Okinawa16 Okinawa15
作ったお塩を試食。

こちらは本職。
Okinawa12

絵付けにも挑戦。
Okinawa17

*****************************************

帰りの飛行機では塗り絵を貸してくれました。
Okinawa14
子連れには嬉しいサービスです。

水族館で見るお魚もいいけど、海の中で見るお魚はもっといい penguin

2016年7月 5日 (火)

子どもとおでかけ「ムーミンワールド」

「子どもとおでかけ」

子どもと一緒に海外に行くなら、夏のフィンランドはいかがでしょうか?
成田からヘルシンキまでは飛行機で9時間半です。
JALとフィンエアーの直行便が出ているので、ヨーロッパに行くより楽かも?

フィンランドと言えば、ムーミン。
ぜひ、訪れたいのがムーミンワールドです。

ムーミンワールドがあるのはナーンタリという町です。
島全体がムーミンワールドになっています。

桟橋を渡ると可愛い町が待っています。
00

01   02
ムーミンのおうちにも入れます。

誰かのおうちがあったり、迷路があったり、読み聞かせをしてくれるところがあったり、工作できるところがあったり、お昼寝できるところがあったり、劇場があったり。。。

03

04   05
フローレンスやスナフキンが一緒に写真を撮ってくれます。
ムーミンはパパの写真館(有料)にいます。

06
ミー達の周りには子供たちがいっぱい。
足を踏み鳴らしたり、体を使って一緒に遊びます。

07

子どもには一日いても足りないくらいかも? 出口で帰りたくない~と泣いている子供をみかけました。


ヘルシンキからは3時間弱かかるので、ナーンタリに宿泊するのがおすすめ。
ナーンタリスパホテルは、プールもサウナもあって、大人も子供も楽しめます。

penguin

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »