« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月24日 (木)

Christmas Dinner @ 乃木坂

Merry X'mas xmas

今日はクリスマスイブbell

『STEAK HOUSE hama 六本木店』でディナーを頂きましたrestaurant

 

Img_2877a  Img_2879a  Hama_a_2



まずは前菜restaurant
Img_2882a  シェルマカロニにチーズが詰まっていますheart04

 

そして、『フレッシュフォアグラのソテー 岩海苔ソース』restaurant
Img_2884a 岩海苔とメカブのソースであっさり美味しくheart04

 

お好みの海鮮料理を二品『活才巻海老・活き鮑』をチョイスrestaurant
Img_2886a     A
海老も鮑もきれいに捌かれて、余すところなく美味しく頂きましたheart04

 

メインはこちら『特撰黒毛和牛フィレステーキ』ですrestaurant
Img_2893a  Img_2897a

Img_2898a 柔らか~いお肉と玉ねぎのソースがgood

 

〆の『ガーリックライス』restaurant
Img_2899a_2 お味噌汁にはおっきな浅利がheart04

 

お味もボリュームも大満足なディナーでしたhappy01

 

更にsign03

Bda_3Happy Birthday to you note
Happy Birthday to you note
Happy Birthday dear ... notenote

 

デザートは甘~いメロンheart04
Img_2909a  Img_2910a

 

クリスマスプレゼントもたくさん...
Img_2918a  Img_2920a ありがとうございましたワンheart04

 

穏やかなクリスマスイブを過ごしましたbell

 

そして、今年もたくさんの美味しい時間、楽しい時間を
過ごすことができましたnote

 

来年も、平穏な1年になりますように... bell
Img_2830a   Img_2914a  Img_2916a



☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;
;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:cancer

2015年12月 6日 (日)

子どもとおでかけ「高尾山」

「子どもとおでかけ」


高尾山は紅葉真っ盛りです。
Takaosan01

紅葉狩りに行ってきました。

一週間前は、下の方はまだ緑色の紅葉でしたが、紅く色付いてちょうど見頃でした。

高尾山の山頂へは、途中までケーブルカーかリフトで行くこともできます。
ケーブルカーで一気に登るのもよいですが、自分の足で登るのも楽しいです。

ケーブルカーのおじさんが癒しのコースとしておすすめしてくれたのが
「6号路( びわ滝コース )」です。

ずっと沢に沿って登って行きます。
全長3.3km、上り90分と案内されていますが、未就学の子どもの足だと1.5倍ぐらい時間がかかるかな~。

このルートは家族連れが多く、子どもも大勢歩いています。

ケーブルカー沿いに歩いていくと、お地蔵さんがいます。
なんと七福神のお地蔵さんです。
Takaosan02
この辺りはまだ平坦な道路です。

この柱を目印に登山道へと入って行きます。
Takaosan03

しばらく行くと、岩屋大師があります。
Takaosan04

琵琶滝では水行ができるそうです。
想像しただけで寒そう。。。ブルッ。。。
Takaosan05

硯岩
Takaosan06

沢の中の飛び石の上を歩きます。
Takaosan07
この手前で別のコースへ行く道もあります。
靴が・・・という方はそちらへ。

「びわ滝コース」は、比較的なだらかだけど、木の根っこや岩の上を歩いたり変化に富んで、見どころもあり楽しいコースです。

なだらかのツケは最後にやってきます。
約200段の階段。
Takaosan08


頂上の展望台からは富士山が見えました。
(写真じゃわかりづらいかな?)
Takaosan09  Takaosan10


子どもには上りより下りを歩く方が大変。

帰りはケーブルカーです。
Takaosan12
ケーブルカーの車窓からも立派な紅葉が見られます。

乗り場横の天狗焼きを食べるのを忘れずに!
Takaosan11
黒豆の餡がもちもちして美味penguin

 

オフィスコキリコは働くママを応援します。採用情報はこちら

2015年12月 4日 (金)

子どもとおでかけ「ニキ・ド・サンファル展@国立新美術館」

「子どもとおでかけ」


art国立新美術館で開催中のニキ・ド・サンファル展に行ってきました。
   Niki02     Niki01
平日の午前中だったおかげか、日本での知名度がそこまで高くなかったのか、ゆったり見ることができました。

チケットは子ども無料にもかかわらず、子ども用のパンフレットがタダでもらえます。
  Niki03 
わかりやすい解説で大人も欲しいくらいです。

中に入ると、目に入ってくるのが射撃をしている映像です。
子どももいきなり釘づけ。
「射撃絵画」パフォーマンスの映像で、絵具を入れた缶や袋を石膏によって画面に付着した絵画に向けて銃を放つ姿が映し出されています。
銃なんて子どもには刺激が強すぎるかしらとも思いましたが、
ブシューッとか、ビチョッっとか、絵具が出てくる様を興味深げに見入っていました。

「ナナ」シリーズは、大きな彫刻作品が多く、色も形もヘンテコリンで、子どもには受け入れやすかったようです。
お気に入りのart作品の周りを何週もぐるぐる周っていました。

  Niki04   Niki05


子どもと美術館に行って一番気を遣うのが「声」でしょうか。
1時間近く無言でいさせるのは絶対に無理!
小さい子は上手に小声で話すことができません。
興味を持ったら「これ何?」「うわ~」なんて声がでちゃいますよね。
抱っこされている赤ちゃんからはcrying鳴き声が聞こえることもあります。

休憩室と書いてあるところに行ってみても、tv ビデオが流れているので、ここでも静かにしなくてはいけません。

ということで、toiletトイレへ。
ここなら多少大きな声でしゃべっても大丈夫ですpenguin



~プロフィール~

ニキ・ド・サンファル(1930-2002)は、戦後を代表する女性美術家のひとりです。
フランスに生まれ、少女時代をアメリカで過ごしました。
抽象絵画に影響を受け独自のスタイルを作り上げていきました。
パフォーマンス・アート「射撃絵画」で一躍有名になりました。
後に、女性の表象への関心を強め、「ナナ」シリーズでは鮮やかな色彩と伸びやかな形態を用いて解放的な女性像を作りました。
2014年にパリで開かれた回顧展では約60万人の観客を集め、大きな話題となりました。


オフィスコキリコは働くママを応援します。採用情報はこちら

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »